独立行政法人国立病院機構 広島西医療センター

病院のご紹介

ご来院の皆さまへ

医療関係者の皆さまへ

採用・募集情報

診療・予約に関するお問合せ

病院のご紹介

人間ドックコース 33,000円

当センターの一般的なドックです。(半日コース)

胃の検査は胃透視(バリウム)か胃カメラか選択可能です。

項目 検査内容 検査項目
問診   問診票  
内科診察   視診・触診・聴診・血圧 家族歴・既往歴・自覚症状のチェックします
身体測定   身長・体重・BMI、腹囲、肥満度 肥満度、体脂肪率を調べます。
聴力検査 聴力検査 1000・4000Hz 難聴の有無と程度を調べます
眼科 視力検査 左右裸眼・矯正視力測定 視力の異常を調べます
呼吸器検査 胸部x-p(2方向) 胸部正面・側面 肺がん、肺炎、肺結核を調べます
肺機能   肺活量や換気量を調べます。
循環器検査 心電図 安静時12誘導心電図 狭心症、心筋梗塞、心肥大、不整脈を調べます
消化器検査 胃カメラまたは胃透視   食道、胃、十二指腸などの疾患を調べます
検便 免疫学的便潜血反応(2日法) 消化管出血の有無を調べます
腹部エコー 肝臓・胆のう・腎臓・膵臓・脾臓 腹部臓器の診断に有効です
血液検査 検尿一般・沈査 蛋白・糖・潜血・PH・比重・ウロビリノーゲン・沈査 膀胱・腎臓病・糖尿病を調べます
CBC 赤血球・白血球・血色素・ヘマトクリット・血小板・MCV・MCH・MCHC・血液像 貧血・血液疾患・炎症・感染症の有無を調べます

肝機能

AST・ALT・ZTT・LDH・ALP・γGTP・chーE・総蛋白A/G比・ALB・T-Bil 栄養障害・自己免疫性疾患・肝・胆道系疾患の有無を調べます
腎機能 尿素窒素・クレアチニン・尿酸 腎不全・腎機能障害の有無、及び痛風を 調べます
脂質 総コレステロール・中性脂肪・ HDLコレステルール・LDLコレステルール 動脈硬化の原因となる高脂血症を調べます
膵機能 血清アミラーゼ 膵臓病を調べます
糖代謝 HbA1C・空腹時血糖 糖尿病を調べます
炎症性反応 CRP 炎症の有無を調べます
ウイルス検査 HBs抗原・HCV抗体 B型肝炎・C型肝炎を調べます
画像診断 内臓脂肪CT検査 腹部(臍部)のCT撮影 内臓脂肪や皮下脂肪を調べます
*希望者のみ
指導 栄養指導   栄養士による生活指導・栄養指導を行います
*希望者のみ

検査の流れ

オプション検査

当院人間ドックを受けられた方のみ申込できます。

当日のご予約はできませんので、事前にお申し込みお願いします。

検査名 検査内容 検査内容 料金
乳がん検診 触診・マンモグラフィー 乳房専用のレントゲンで撮影後、外科医師が診察します。 \3500
触診・乳腺エコー 乳房に超音波あてて検査し、外科医師が診察します。 \3500
子宮がん検診 子宮頸部・体部・経膣エコー 子宮の異常を調べるとともにがんの有無を検査します。 \3000
肺がん検診 ヘリカルCT 肺部をヘリカルCTで調べます。肺の腫瘤や炎症性病変の 有無がわかります。 \10,000
喀痰細胞診 ご自宅で痰を採取します。がんの有無を調べます。 \2,100
簡易脳ドック 頭部MRI・頭頚部MRA
簡易物忘れテスト
脳の病変(脳動脈瘤、脳梗塞、脳腫瘍、脳血管の狭窄等)の有無を調べます \25,000
骨密度検査 骨塩定量測定 レントゲン検査で骨塩の量を計測し、骨の強度を測定する検査です。 \2,500
ABI 足関節上腕血圧比 動脈硬化の早期発見が可能です。 \1,400
頸動脈エコー 頸部超音波検査 血管の狭窄の有無や、動脈硬化の程度がわかります。 \3,800
採血検査 ヘリコバクタピロリ (IgG抗体) ピロリ菌に対する抗体を測定します。 \900
梅毒反応検査 採血検査 梅毒の有無を調べます。 \500
ペプシノゲン 採血検査 胃粘膜の委縮の状態をみることで、胃がんのできやすい人を発見する検査です。 \4,100
腫瘍マーカー PSA(男性のみ) 前立腺がんの発見に有効な検査です。 \1,500
CEA 胃がんや大腸がんなどの消化器系のがんの発見に有効な検査です。 \1,200
CA19-9 主にすい臓がんや胆道がんの発見に有効な検査です。 \1,500
AFP 主に肝臓がんの発見に有効な検査です。 \1,200
SCC 主に肺がんや子宮頸がんの発見に有効な検査です。 \1,200
CA125(女性のみ) 主に卵巣がんの発見に有効な検査です。 \1,700

金額は税込みです。

独立行政法人国立病院機構 広島西医療センター
〒739-0696 広島県大竹市玖波4丁目1番1号 TEL:0827-57-7151 FAX:0827-57-3681

リンク個人情報保護方針サイトマップお問合せ情報公開

(C) 2013 Hiroshima Nishi Medical Center Allright reserved.