独立行政法人国立病院機構 広島西医療センター

トップページ病院のご紹介診療科・部門紹介療育指導室 > 指導室たより 第47号

病院のご紹介

ご来院の皆さまへ

医療関係者の皆さまへ

採用・募集情報

診療・予約に関するお問合せ

病院のご紹介

指導室たより

発行日:2018年1月17日 発行責任者 療育指導室

新年のご挨拶

療育指導室長 森谷 晃壮

昨年中は大変お世話になり、ありがとうございました。本年もどうぞよろしくお願いいたします。
さて、平成25年4月に児童指導員・保育士が増員され5年が経過しました。その間、療育指導室は福祉サービス向上を目指し、皆さまのより多くの笑顔を求め業務を行って参りました。これからも懇切丁寧な福祉サービス提供を目指し取り組んで参りますのでよろしくお願いいたします。
また、今年の4月には、診療報酬、障害福祉サービス等報酬、介護報酬の改定が予定されています。今回の改定では、「今後の医療・介護体制改革の扉を開き、サービス提供の在り方などを変える重要な改定になる」と言われており、障害者の方への支援体制についても様々な見直しが行われる予定です。当院におきましては、引き続き皆さまが安心して生活・療養ができる支援体制づくりを構築して参りますので、今後ともご指導ご鞭撻を賜りますようお願いいたします。

皆さまのご健康とご多幸を祈念し、新年のご挨拶とさせていただきます。

 

 

お正月特別療育「今年の運試し!ワンワンワンダフル!!」

児童指導員 中谷 勇樹

あけましておめでとうございます。
今年は1月3日に、「今年の運試し!ワンワンワンダフル!!」をテーマにお正月特別療育を行いました。療育指導室職員が各部屋を訪室し、新年のあいさつと共に今年1年を占うおみくじを引いていきました。どんな1年になるのかワクワクドキドキしながら引いて頂きましたが、出た結果が良かった方も悪かった方いらっしゃいました。おみくじは神様からのメッセージと言われ、 頂いた言葉を受け入れ、悪いことは改善し、良いことはのばせるよう生活に反映させるのが良いと言われています。そこで、今回引いたおみくじも同じように思うと良い1年になるのではないでしょうか。平成30年も皆様にとって素敵な1年になることを願っています。

今年一年どうぞよろしくお願い致します。

 

秋行事「芸術の秋でSHOW~発表会&鑑賞会」

保育士 阿部 浩子

11月15日(水)、16日(木)に秋行事「芸術の秋でSHOW~発表会&鑑賞会」を開催しました。
発表会編は、療育訓練室で各病棟の代表発表者が、劇、歌や演奏を披露し、観客からは、多くの笑いや拍手があり、楽しい会となりました。発表者の中には、緊張されている方や恥ずかしそうにされている方など様々でしたが、皆さん大役を果たし、会場は、大盛況!となりました。当日の様子をDVDにしていますので、もう一度見たい方や、当日見ることができなかった方など、ご希望がれば、お気軽にお声掛け下さい。
鑑賞会編は、15日に会場参加できなかった方を対象に、各病棟を訪室しました。療育指導室職員が四グループ、更に紅白チームに分かれ、紅白合戦を開催しました。対決内容は、紅組対白組で、ミニオン対美女と野獣、カッパ対音楽演奏、山口百恵対西城秀樹(俳句対決)、サンシャイン川島対カープ女子でした。各チーム、それぞれ見どころがあり、笑いや突っ込みがあるなどして、皆さんに楽しんでいただけたように思います。勝敗は表にてご確認下さい。多くの皆様にご参加いただき、ありがとうございました。

 

あゆみ・若葉お楽しみ会

児童指導員 上田 祐希菜

昨年を締めくくる行事として、12月13日(水)あゆみ病棟お楽しみ会、12月14日(木)あゆみ病棟お楽しみ会居室訪問、12月20日(水)若葉病棟お楽しみ会及び居室訪問を実施し、多くの方にご参加いただきました。
今回のお楽しみ会は、「冬のファンタジー~カーネルおじさんがやってくる~」をテーマに、療育指導室職員が、余興、音楽演奏、そしてイルミネーションをお届けしました。
各病棟デイルームでは、演奏隊がチキンを手にしたカーネルおじさんを呼びこみ、明るい雰囲気のなか、竹内まりやの「すてきなホリデー」を演奏しました。続いて、照明を落とし、イルミネーションによる幻想的な雰囲気のなか、水の入ったワイングラスを用いて山下達郎の「クリスマス・イブ」を演奏しました。雰囲気が変わると、その場にいた方々から「おお~~」という声が聞こえ、演奏者たちも一段と気合が入りました。また、居室訪問では、近くでイルミネーションを体験してもらいながら「クリスマス・イブ」をお届けしました。ゆれる光を見つめ、思い思いの時間を過ごされている方が多かったように感じます。皆様、いかがだったでしょうか。
各病棟のお楽しみ会では、ご家族や病棟から、ダンスや歌の出し物もあり、大いに盛り上がった行事となりました。ご協力ありがとうございました。

 

七五三お祝い会

保育士 飯塚 結花

11月14日爽やかな秋晴れの中、「七五三お祝い散歩」をご家族、1若葉病棟の利用者、看護師、療育指導室職員と一緒に行いました。みなさんから愛されているかわいい3歳の長谷川柑太さんは、うさぎの衣装に身を包みおしゃれをして出かけました。心地良い風に当たりながら病院周辺を散歩し、列車を見たり、秋の実や花の香りを楽しみました。そして、療育訓練室の前の庭をけやき亭神社に変身させ、巫女に扮した保育士と一緒におみくじを引いて、柑太さんの健やかな成長を祈りました。最後に、たくさんの方から頂いた心温まる『おめでとうメッセージ』の前で記念写真を撮りました。みなさんの優しい眼差しに包まれ、柑太さんの笑顔いっぱいの「七五三お祝い散歩」になりました。

 

 

 

ゆるキャラグランプリ2017 結果!!

主任児童指導員 德山 純一

前回、「指導室たより(10月号)」でみなさんに「広島西医療センター公認キャラクターにっしーくん」への投票ご協力をお願いさせて頂きました。その後、11月に投票結果が発表され、な、な、なんと!!総合「360位」!!躍進を遂げた前回の「601位」からさらにランクアップ!!それもこれもみなさんのご協力のおかげ。感謝致します。
と言いたいところでしたが・・・今年から部門が分かれて「①ご当地」と「②企業その他」の2つに分けられ、「②企業その他」の部門でのエントリーとなり分母が縮小されたのが今回の躍進の真実です。投票数も355票・・・前回の1/3。

振り返るとみなさんへの呼びかけが遅く伸びるはずの票も伸びなかったのが反省点です・・・作戦ミス・・・。しかし、きっと来年もエントリーしますので、その際には「にっしーくん」に温かい1票をお願いします!!

第16回おりづるオセロ大会に参加して

2あゆみ病棟 柳原 繁美

去る11月12日(日)に第16回おりづるオセロ大会が広島県立リハビリテーションセンターでありました。参加したのは私と藤井さんを含めて18人くらい。開会式は10時に始まり、対局の方は予選リーグ4試合(午前中3試合、午後1試合)が行われ、私は決勝トーナメントに進みました。最初の試合で敗れてしまいましたが、3位決定戦では、勝ち切ることが出来て3位になりました。表彰式で、賞状とメダルを贈呈されました。
最後になりましたが、この日のためにボランティアさん、指導室の方々、看護師さん達に支えられて今回の成績が納めることが出来て感謝の気持ちでいっぱいです。本当にありがとうございました。

 

2若葉病棟 藤井 宏一

私は、リーグ戦で4回戦までいって3回勝ちましたが、1回負けて5位という成績に残念ながらおわりました。来年こそ優勝を目指します!

独立行政法人国立病院機構 広島西医療センター
〒739-0696 広島県大竹市玖波4丁目1番1号 TEL:0827-57-7151 FAX:0827-57-3681

リンク個人情報保護方針サイトマップお問合せ情報公開

(C) 2013 Hiroshima Nishi Medical Center Allright reserved.