独立行政法人国立病院機構 広島西医療センター

病院のご紹介

ご来院の皆さまへ

医療関係者の皆さまへ

採用・募集情報

診療・予約に関するお問合せ

病院のご紹介

指導室たより

指導室たより 第55号

指導室たより 第54号

指導室たより 第53号


指導室だより 第55号

発行日:2018年10月17日 発行責任者 療育指導室

還暦お祝い会

保育士 目次 愛香

平成30年9月19日(水)に療育訓練室にて「華の還暦お祝い会」を行いました。今年度は若葉病棟の方、あゆみ病棟の方合わせて九名の方が還暦を迎えられました。開催にあたり、河原診療部長をはじめとする病院職員がお祝いに駆けつけて下さり、お祝いの言葉を頂きました。また、わかば病棟保護者会副会長堀田様、あゆみ病棟自治会の代表として山野本様に出席して頂き、ご家族、利用者の皆様も含め、多くの方と盛大にお祝いをすることが出来ました。
今年のお祝い会では各病棟師長からの花束贈呈や、病院スタッフからの愛のこもったお祝いムービーの上映など様々な催しが行われました。中でも、会のメインである、管弦グループ「花おんぷ」のお祝い演奏会では、還暦者の皆様からのリクエスト曲を素敵な音色で演奏して頂きました。会場では「花おんぷ」の心地良い演奏につられ、歌を口ずさんだり、自然と笑みがこぼれたりと会場全体が華やかで温かな雰囲気に包まれました。また、スペシャルゲスト&サプライズとしてアンデルセンター長がケーキを持って駆けつけて下さり、お祝い会をより一層華やかに飾って頂きました。
還暦は人生の大切な節目です。今回の「還暦お祝い会」が還暦者の皆様にとって特別な時間となり、新たなスタートとなれば幸いです。一緒にお祝いをして下さった皆様、ありがとうございました。

還暦者の皆様、誠におめでとうございます。

 

  

 

8月特別療育

保育士 久保田 あゆみ

8月21日に特別療育を行いました。今回のテーマは「わろてんか~夏バージョン~」ということで、皆さんに落語と大喜利を楽しんでもらいました。落語のボランティア「昼夜あんどん」さんをお招きし、「じゅげむ」「ときそば」と二つの話をご披露していただきました。落語独特のしゃべり方が難しい方もおられたかもしれませんが、繰り返しのテンポやオーバーな身振り手振りの表現が面白く、楽しかったという感想を多く聞きました。また、職員による大喜利では、「笑点」風に、お題に対して回答者が面白い答えを発言し、とても賑やかな雰囲気のなかみんなで大笑いしました。
今回は「笑い」をテーマに、落語や大喜利を楽しんでもらうという内容でしたが、みなさんの笑顔を多く見ることができ、日常ではなかなか味わえない「落語」という独特の雰囲気を感じてもらえる良い機会となったのではないかと思います。次回の特別療育は3月です。お楽しみに!

コラム 夏かしの夏

~夏行事担当~  児童指導員 川島 輝一

「夏」という季節に感覚をつけるならば「懐かしい」だと思う。
そのような思いを胸に抱き、平成30年の夏行事は幕を開けた。テーマは冒頭で述べたように「懐かしさ」である。
「懐かしい」と簡単に言っても、懐かしさの基準は人それぞれであり、万人に共通する懐かしさは存在しない。・・・いや、ある。実際に経験する機会が多く、夏の代名詞とも云えるイベント、縁日である。縁日こそ万人に懐かしい夏らしさなのだ。実際、縁日の何を本行事で再現したのか。「かき氷」「水風船掬い」「射的」「パネル記念撮影」「花火」である。参加者167名には懐かしい気分を味わってもらえた、いや、もらえていたらいいなというのが率直な感想である。というのも、行事を計画するうえで楽しめることは大前提であるが、楽しいと懐かしいはなかなか両立しないものであった。結果として、出店の内容はアトラクションのような楽しい方向性で実施した。懐かしさの大部分は後日の部屋訪問へ託したのである。
迎えた夏行事訪問のテーマは「初恋」。懐かしさのみを追求したテーマである。複数枚の写真に初恋ストーリーを付け紙芝居形式で実施した。ストーリーはこのために一から担当職員が書き下ろした渾身の内容である。行事終了後にしばらくの間、療育訓練棟一階廊下に張り出していたのをご一読いただけていれば幸いである。訪問は職員が浴衣を身にまとい、花火の写真を見て、ストーリーを朗読し、視覚と聴覚から懐かしさアプローチを行った。反響は良く、参加者の声を聞くと、懐かしさを存分に感じてもらえたようで、夏行事を通して楽しさと懐かしさの両立が叶ったと感じている。

院外療育新コース~はつかいち美術ギャラリー~

主任保育士 岡島 明美

はつかいち美術ギャラリーは、廿日市市役所庁舎に併設されたはつかいち文化センター内に、文化ホールさくらぴあ・はつかいち市民図書館とともに、美術を身近に楽しめる「まちの小さな美術館」をめざして開館されました。廿日市市で創作活動を続ける郷土作家の紹介や、広島市に隣接する市として美術作品を通して平和を考える「平和美術展」などをはじめとする、さまざまな企画展が開催され、市民ギャラリーとしても活用されています。
8月に院外療育で利用させていただき、「絵本原画展 未来につなぐ平和」を見学しました。これからも展示や催し物などいろいろと計画されていますので、美術や本などに興味のある方はもちろんのこと、関心のあまりない方でも楽しい時間を過ごすことができると思います。皆さま、ぜひ一度足をお運びください。

お知らせ

11月20日(火) 秋行事
21日(水) 秋行事
22日(木) 秋行事(訪問)

12月12日(水) あゆみお楽しみ会
13日(木) あゆみお楽しみ会(訪問)
12月19日(水) 若葉お楽しみ会

1月16日(水) 成人式

 

 


指導室だより 第54号

発行日:2018年7月18日 発行責任者 療育指導室

春行事 春の浪漫飛行~届けようぼくらの声~

保育士 上田将士

五月十六日(水)、十七日(木)に春行事「春の浪漫飛行~届けようぼくらの声~」を実施しました。
十六日(水)は一若葉病棟前芝生で三組のボランティアの方によるコンサートを行いました。天候にも恵まれ、たくさんの利用者さんやご家族の方に集まっていただきました。ボランティア一組目は、昨年も来ていただいたシンガーソングライター「のっち」さんで、オリジナルソングをウクレレで弾き語りしていただきました。二組目は、三人組みのバンドグループ「猫パグプー」さんで、『ハナミズキ』『ふるさと』など素敵な歌声を聴かせてくださいました。三組目は、二人組みの「げんきなこ」さんで、『がんばれにっしーくん』やオリジナルソングを歌っていただきました。名曲や出演者のオリジナル曲などを聴いて、歌声に聴き入る利用者さんやご家族の中には涙を流される方もおられました。

十七日(木)は、会場への参加が難しかった利用者さんを対象に、居室訪問をしました。療育指導室職員が四グループに分かれ、『島唄』『浪漫飛行』の二曲を二部合唱でお届けしました。歌声に聴き入ってくださる利用者さんや手拍子をしてくださるご家族もいらっしゃいました。テーマである「春の浪漫飛行」を感じられた楽しい二日間でした。次年度の春行事も楽しみにしていてください。

 

  

療育紹介

1 若葉

毎週火曜日に、グループ療育「わくわくタイム」を行っています。療育訓練室や1若葉病棟前の芝生で、「運動やゲーム、あそび」をテーマに紙飛行機や巨大シャボン玉などの活動を行っています。利用者さん同士、または職員と対戦したり協力したりしながら、のびのびと楽しい時間を過ごしています。

 

2 若葉

毎週火曜日14:00~14:30に2若葉病棟デイルームで「デイルーム活動」を行っています。一週目は制作活動、二週目はカラオケ、三週目は誕生日会に向けての活動、四週目はゲームという活動内容でたくさんの利用者さんと楽しい時間を過ごしています。(写真はカラオケを行った際の様子です!)自身の好きな歌をうたったり、楽器をもってノリノリで踊られる方など賑やかな雰囲気の中、楽しく活動しています♪

 

3 若葉

毎週金曜日に「みつば新聞」の療育活動を行っています。3若葉の皆さんが編集者となり日々の療育活動や院外療育、誕生会などの新聞記事を書いたり、写真を貼ったりして新聞制作をしています。できた新聞は、病棟玄関に掲示していますので、3若葉に訪れた際は、見てくださいね!!

 

1 あゆみ

1あゆみのみというわけではありませんが、毎週木曜日に『写真愛好会』で写真撮影を行っています。現在のメンバーは4名で、それぞれがインスピレーションを働かせ、好きな被写体を好きな技法で撮影する療育となっています。撮影した写真はメンバー同士で確認し、定期的に作品展に出展しています。写真に興味のある方は児童指導員川島(PHS:2615)までご連絡ください。皆さんの熱い思いをお待ちしています。

 

2 あゆみ

毎週火曜日に「クラフトボーイズ」という療育活動を行っています!昨年度は音楽を中心に活動していましたが、今年度はお城作りに挑戦中です!ダンボールを貼り合わせ色を塗り、様々な形のお城を作っています。お城だけではなく、お城を守る小さな大砲も作りました。気になる方はぜひのぞきに来てくださいね!!

   

3 あゆみ

児童指導員・保育士の共同療育「ほっこりタイム」は、今年度より担当が代わり、皆さんと楽しく過ごしたいと計画しました。
不定期ですが、季節を感じてもらいたく、音楽・植物や昆虫などと共に各お部屋に訪問させていただいています。話が盛り上がったり、一緒に歌を口ずさんでくださる姿がたくさん見られています。

 

院外療育新コース ~LECT~

主任保育士 大塚克洋

今年度より院外療育のコースにLECT(レクト)のコースが増えました。昨年広島市西区にオープンした複合商業施設です。名称の由来LECTとは、L(住)E(食)C(文化)T(街)の頭文字をとったもので、テナント数は150あり広島初出店の店舗が多数あります。レストランやフードコートなどの「食のゾーン」、園芸コーナーやペットコーナー等が充実したホームセンターの「住のゾーン」、豊富な書籍等をとりそろえた大型書店の「知のゾーン」などなど…、楽しい時間を過ごすことができるのではないかと思います。

 

けやき亭の植物たち

1若葉では、畑を「イチタ農園」と名付け、「赤しそ」「オクラ」「ピーマン」「キャベツ」を育てています。毎日少しずつ大きくなっています。お散歩に出た際には、「イチタ農園」へぜひ見に来て下さいね♡

  

2若葉では、枝豆・マリーゴールド・コスモスなどを育てています。鉢にはマリーゴールドとサルビアを植え、2種が同時に咲くことを楽しみにしています。ぜひ見に来て下さい! 

  

3若葉では、「さといも」「あさがお」「カモミール」「ひまわり」を育てています!どんどん大きくなっています!!さといもの葉の雫が、コロコロと可愛いので注目してみてください♪

  

けやき亭の花壇

主任保育士 岡島明美

5月16日(水)、若葉病棟保護者会の皆さまに、けやき亭の花壇の植え替えをしていただきました。いつもありがとうございます。
マリーゴールド・日々草・メランポジウム・コリウスと数々のお花が色とりどりに咲いていますので、散歩に行かれた際にはぜひのぞいてみてください!!

 

お知らせ

7月18日 (水)  夏行事
7月25日 (水)  夏行事
7月26日 (木)   夏行事(訪問)
8月21日 (火)  特別療育
9月19日 (水)  還暦を祝う会

 

 


指導室だより 第53号

発行日:2018年4月18日 発行責任者 療育指導室

新年度のご挨拶

療育指導室長 森谷 晃壮

平成30年度がスタートしました。今年度もよろしくお願いいたします。
さて、4月に「診療報酬」、「障害福祉サービス等報酬」、「介護報酬」のトリプル改定があり、障害者の方への支援体制について様々な見直しが行われました。「障害者の重度化・高齢化への対応」、「医療的ケア児への支援や就労支援サービスの質の向上などの課題に対応 」などが主な改定内容となっております。国立病院機構入所病棟において大きく影響する点はなく、引き続き皆さまが安心して生活・療養が行える支援体制を構築して参ります。
桜が咲くこの時期に例年通り異動がありました。まずは、40年間慢性病棟において業務を行ってきました、米田しのぶ保育士、藤井衣恵保育士が退職いたしました。利用者・ご家族の皆さまには長年に渡りご支援を賜り、二人に代わりましてお礼申し上げます。転出者は徳山純一主任児童指導員が賀茂精神医療センターへ配置換え、廣田純子主任保育士は山口宇部医療センターへ配置換え、中谷勇樹児童指導員は徳島病院へ昇任、阿部浩子保育士は福山医療センターへ配置換え、德岡美央保育士は四国こどもとおとなの医療センターへ配置換えとなりました。在職中はお世話になりました。転入者は山口宇部医療センターより中谷あさみ主任児童指導員が配置換え、松江医療センターより大塚克洋主任保育士が配置換え、南岡山医療センターより目次愛香保育士が配置換えとなっております。中谷主任は主に若葉病棟全体を担当、大塚主任は主にあゆみ病棟全体を担当、目次保育士は1若葉病棟を担当いたします。どうぞよろしくお願いいたします。今後ともご指導ご鞭撻を賜りますようお願いいたします。

 

 

離着任のごあいさつ

 着任 中谷主任児童指導員

この度、山口宇部医療センターから配置換えでまいりました。6年ぶりに皆さんにお会いできてとても嬉しいです。療育訓練棟廊下沿いの桜の木が大きく育っていて、6年間の月日を感じています。また皆さんと一緒に楽しい時間を過ごしたいと思いますのでどうぞよろしくお願い致します。

 

 

 着任 大塚主任保育士

松江医療センターから異動してきました。主任保育士の大塚克洋(おおつかかつひろ)です。出身は愛媛県宇和島市で、好きなことは、コーヒーを入れることです。コーヒー豆をミルで弾いて美味しいコーヒーを楽しんでいます。どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

 着任 目次保育士

岡山からやって参りました。皆様と一緒に楽しい時間を過ごさせて頂きたいと思います!どうぞ、宜しくお願いいたします。
出身:島根県
好きなこと:絵を描くこと、歌うこと
好きな言葉:笑う門には福来たる、一日一笑

 

 

 退職 米田保育士

この度定年を迎え、国立療養所原病院時代から長きにわたり勤めさせて頂きました。家族のみなさんには大変お世話になり、楽しいことばかり思い出されます。ありがとうございました。

 

 

 退職 藤井保育士

長い間お世話になりました。皆さまに支えられ40年間務めることができました。本当にありがとうございました。

 

 

 離任 徳山主任児童指導員

出会いと別れの季節の「春」。この度、2年間お世話になった広島西医療センターを転勤となりました。みなさんにちゃんとしたご挨拶もせず後ろ髪をひかれる思いではありますが、またお互い元気で再会できると信じて新天地で地道に頑張る所存です。みなさん、お身体には充分留意してください。

 

 

 離任 廣田主任保育士

ただいまーと言って帰ってきて2年。この4月より、山口宇部医療センターへ転勤となりました。昔々の顔なじみの方から、新しく顔なじみになった方、みなさんと楽しく過ごした「あっ」と言う間の2年間でした。本当にありがとうございました。

 

 

 離任 中谷児童指導員

4年間勤務させていただき、ありがとうございました。4月からは徳島病院で利用者の皆様のために頑張っていきたいと思います。

 

 

 離任 阿部保育士

この度、福山医療センターへ異動となりました。私の人生の中で皆様と出会えたことに感謝しています。あっという間の3年間でした。それだけ充実した日々を過ごせていたのではないかと思います。皆様と過ごした3年間とても楽しかったです。ありがとうございました。

 

 

 離任 徳岡保育士

この度、四国こどもとおとなの医療センターへ異動になりました。振り返ってみると、長いような短いような、何とも不思議な感覚ですが、毎日が充実した5年間だったように思います。みなさん、本当にありがとうございました。

 

 

 

成人式・成人お祝い会

保育士 中村琴美

 平成30年1月17日に成人式・成人お祝い会が行われました。今年は3あゆみ病棟の吉津瑞希さんが成人を迎えられました。式典では来賓の方、当院の院長をはじめとする職員とたくさんの方がお祝いに来て下さいました。厳かな雰囲気の中行われ、吉津さんもきりっとした表情で出席されていました。
 成人お祝い会では吉津さんへ主治医の古川先生からのメッセージやお母様からの温かいメッセージがありました。その後、まるでテレビ番組!?のような「GOGOステーション」を行いました。吉津さんが好きな曲である「ウィーアー」「ひまわりの約束」を歌われ、「ウィーアー」では吉津さんの友人がこの日のために作った動画を流しながら歌われました。「ひまわりの約束」では生演奏とともに優しい声でしっとりと歌われました。会場の皆さんも一緒に歌ったりひまわりのうちわで盛り上げて下さったりと賑やかな雰囲気になりました。最後に、吉津さんから母へのメッセージをプレゼントしました。吉津さんの思いがギュッとつまった言葉に皆さんも感動されていたように思います。

 

2月特別療育「バレンタインズ朗読会」

保育士 二階琴絵

2月8日(木)に若葉各病棟デイルームにて、特別療育「バレンタインズ朗読会」を行いました。今年のテーマは、「バレンタイン」ということで、甘酸っぱい恋にまつわるお話を語り部と演者に分かれて披露しました。
『白いうさぎと黒いうさぎ』、『だいすき』、『ハッピーバレンタイン』という3作品を披露し、劇中は声を出して笑っておられる方、じっと聞き入っておられる方など朗読会を楽しんでおられる様子がみられました。
 そして最後は雰囲気ががらりと変わり、「バレンタインデー・キッス」の曲に合わせてバレンタインズダンサーが登場!曲に合わせて一緒に踊ってくださる方が多く、各病棟ともとても盛り上がっていました。バレンタインをテーマにした内容が久しぶりだったので、利用者の方々の反応がとても新鮮でした。今回は、各若葉病棟デイルームで行い、あゆみ病棟の利用者の方にも参加していただき、バレンタインの季節を感じながら楽しいひとときを過ごすことができました。

 

3月特別療育

児童指導員 石田和寛

 3月2日、「季節を感じよう」とのテーマで、あゆみ病棟の利用者を対象に、療育指導室職員が各部屋を訪問し、療育を行いました。     
 冬から春への季節の変化を感じてもらえるように、最初は詩「かまくら」を読み、利用者の方がみている模型には綿の雪が降ってきました。季節は春に変わり、詩「春のひびき」を読んだり、職員が「春一番」を歌ったり、模型も春景色に変わり、嵐の「サクラ咲ケ」のメロディーが流れる中で、桜の香りのする不織布に桜の花が咲いているのをみてもらい終わりました。利用者の皆様からは、「本当に雪が降っているようだった」とか、「桜のにおいをかいで春が来たようだった」等々の感想を頂き、季節の変化を感じられたのだと実感しました。ありがとうございました。

 

 

 

卒・入学おめでとうございます

1若葉 小学部卒業・中学部入学 橋谷怜亜さん

2あゆみ 高等部卒業 中増大輔さん

2あゆみ 高等部卒業 赤石理人さん

 

2018年度 行事・特別療育予定

平成30年
5月16日(水)春行事
   17日(木)病棟訪問
7月18日(水)、25日(水)夏行事
   26日(木)病棟訪問
8月21日(火)特別療育
9月19日(水)還暦を祝う会
11月20日(火)、21日(水)秋行事
    22日(木)病棟訪問
12月12日(水)あゆみお楽しみ会
    13日(木)病棟訪問
12月19日(水)若葉お楽しみ会

平成31年
1月16日(水)成人式・成人お祝い会
3月13日(水)特別療育

 

独立行政法人国立病院機構 広島西医療センター
〒739-0696 広島県大竹市玖波4丁目1番1号 TEL:0827-57-7151 FAX:0827-57-3681

リンク個人情報保護方針サイトマップお問合せ情報公開

(C) 2013 Hiroshima Nishi Medical Center Allright reserved.